medela

HOME マイストーリー お出かけに悩んでも「さく母乳」が後押ししてくれる。

マイストーリー

Story vol.3

お出かけに悩んでも「さく母乳」が後押ししてくれる。

ふたりのお子さんのママである岡野さん。第二子の舜佑くん出産後は、web関連の仕事に在宅勤務の形態で復職。趣味や外出も楽しみつつ、順調な母乳育児ライフを送っています。仕事の打ち合せで舜佑くんと離れるときだけでなく、日常の様々なシーンでさく乳器を活用しているとか。おすすめの活用法も交えつつ、お話をうかがいました。
<プロフィール>
岡野真結子さん
2011年12月に長女結梨佳ちゃんを緊急帝王切開手術にて出産。2014年7月に長男舜佑くんを選択(予定)帝王切開分娩にて出産。現在は在宅勤務。スイングを使用。

vol3_main.jpgのサムネイル画像

ーお姉ちゃんの結梨佳ちゃんのご出産のときのことをお聞かせください。

 結梨佳のときは前置胎盤と診断され、いつ出血してもおかしくない状況のため、絶対安静で妊娠生活を過ごしていました。予定日を約1ヵ月後に控えたタイミングで結構な量の出血があり、急きょ入院することに。1週間後にまた出血があったため、予定日より3週間早く帝王切開での出産となりました。
 術後は私が貧血状態、結梨佳が規定体重を若干下回っていたので、出産した日は、互いにICUとNICUに入り、母乳は出産直後から看護師さんがNICUにいる結梨佳に届けてくれていました。翌日からは母子同室で、すぐにおっぱい指導が始まりました。Vol3_1.JPG 私が出産した病院は母乳育児にフレンドリーな病院だったということもあり、どうしたら赤ちゃんがうまく吸えるのか、ということを助産師さんが丁寧に教えてくれました。私の場合はうまくおっぱいが出たということもあってそんなにトラブルはなかったのですが、母乳が出にくい方は、メデラのさく乳器で乳腺を開通させてあげる指導を受けていました。病院の授乳室で初めてさく乳器を目にし、私も入院中にお試しで1,2回、*シンフォニーを使ってみました。

 出産から6日後に退院しました。退院後はずっと母乳をあげていたのですが、3ヵ月くらいのときに急に出なくなってしまって...。母乳が出ない理由はよくわからなかったのですが、出産後に体重が結構減ってしまったことや、初めての子育てということもあり、色々とストレスを抱えていたことが関係していたのかもしれませんね。でも、当時は母乳が出ていないという実感はありませんでした。今思うと、当時さく乳器を持っていたなら、母乳が出ているかどうかが自分でも把握することができたのではないかと思います。

ー母乳が出なくなり、結梨佳ちゃんの栄養はどうされていましたか。

 ミルクとの混合栄養に切り替えました。ちょうど4ヵ月検診の頃、いやに泣いていたんですね。夜もあまり寝なくて...。そうしたら、検診で体重が1ヵ月で30gしか増えていないことがわかったんです。「とりあえずミルクを足して様子を見ましょう」ということになり、その日から混合に。最初は1回100ml、それでも足りなくて200mlを足すようにしました。するとみるみる体重が増えていきました。
 おっぱいはあまり出ていなかったこともあり、生後10ヵ月くらいで卒乳しました。ミルクは1歳のときにやめました。

ー第二子の舜佑くんの母乳育児は最初から順調でしたか。

 舜佑は選択(予定)帝王切開で出産しました。今回は出血量が少なかったので出産直後から母子同室に。すぐにおっぱいを含ませることができたのと、ふたりめということもあり、母乳もすぐに出ました。
 多くの赤ちゃんは「生理的体重減少」といって出産から数日経つと約1割の体重が減るそうですが、舜佑は退院時には、逆に1割程増えていました。

vol3_3.jpgのサムネイル画像

ー*スイングはいつ頃から、どんな理由で使い始めましたか。

 仕事は基本的に在宅勤務ですが、ミーティングなどで会社に行くことがあるため、復職の1ヵ月前からさく乳と哺乳瓶で飲む練習を始めました。結梨佳のときに病院用のシンフォニーを試していたので、病院用と家庭用とはだいぶ違うんだろうなと思っていましたが、それほど違いはありませんでした。家庭用のスイングでもしっかり搾乳できることに驚きました。痛みも全くなく、すごく使いやすいです。ただ、圧の強さをどれくらいに調整していいかがよくわかりません。

vol3_4.jpg

ー「ちょっと強いかな」と感じる圧力から少し下げていくといいですよ。実際にお子さんに吸われているのと比べてみてどうですか。

 さく乳器でも吸われたときに乳腺がツンとして母乳が出る感覚は、実際に吸われているときと同じですね。最近は息子のほうが吸う力が強いので、さく乳器のほうが楽なくらいです。

ー「刺激フェーズ」と「さく乳フェーズ」(*)はどう使い分けていますか。

 母乳が出始めるまでは刺激フェーズを使っていて、出始めたらさく乳フェーズに切り替えています。およそ2分くらいでしょうか。母乳が出る前に刺激フェーズからさく乳フェーズに切り替えてしまうと通常より母乳が出ないので、すごいテクノロジーだなあと思います。

ーさく乳した母乳はどういうとき、どなたがあげていますか。

 翌日出かけるということがわかっていればあらかじめ前日の夜に搾乳しておき、冷蔵保存していたさく母乳を仕事であずけるときは母が、それ以外の外出時には主人があげています。
 1ヵ月に1,2度ミーティングなどで会社に行くときにスイングを活用しています。仕事の外出時間は3時間程度なので、1日6回の授乳のうちの1回をさく母乳に切り替えています。ただ、哺乳瓶だとちょっと疲れてしまうみたいで。直接授乳より飲みが悪いので、帰宅後に直接授乳で飲ませています。

vol3_5.jpgーお仕事以外にも、さく乳器はどんなときに便利ですか。

 お料理教室や美容院に行くときですね。「これ飲ませてね」とさく母乳を置いて行けば焦らず楽しく外出できるのでありがたいです。ひとりめのときは誰かにあずけての外出はハードルが高くなかなかできませんでしたが、ふたりめになるとひとりで外出する余裕が出ました。
 昨年、結梨佳の七五三と舜佑のお宮参りを一緒に行いました。以前から着物を着たいと思っていたのですが、授乳もあるし半ば諦めていたんです。そうしたら義母が「せっかくだから」と言ってくれて。「着付けはやるから」と、背中を押してくれたんです。

vol3_6.jpg
 ちょうど哺乳瓶で飲めるようになった時期だったので、さく母乳でトライしてみよう!という気持ちに。おかげで思い出に残るお宮参りと七五三になりました。
 日常的にもさく母乳があるというだけで、大きな安心感があります。"このお出かけどうしようかな"と悩んだときに"大丈夫!"と、後押ししてくれる感じがします。

vol3_7.jpg

ースイングをどんなママにおすすめしたいですか。

 正直、使うまではそこまでの必要性があるのかどうかわかりませんでした。なければないで、今もどうにかなるのかもしれません。例えば、ミルクを足すとか。でも母乳がちゃんと出るということもあり、ふたりめは完全母乳で育てたいという気持ちがあったんです。そんな、"母乳育児を続けたい"という同じ思いのお母さんにおすすめしたいです。きっと、強い味方になってくれると思います。

 それと、出産しても自分の楽しみや勉強のために出かけたいというママにもおすすめです。四六時中赤ちゃんと一緒の生活でストレスを溜めてしまうよりも、たまにはあずけてリフレッシュしたほうがママにとっても赤ちゃんにとってもいいと思います。働いているママでなくても、どんどん使ってほしいですね。

 そして、「出産祝いで何が欲しい?」って聞かれたときに「さく乳器お願い!」という会話が日常になるように、もっと世の中にさく乳器が広まったら素敵だなあと思っています。

vol3_9.jpg

* シンフォニー...シンフォニー電動さく乳器。病院・産院用。
* スイング...スイング電動さく乳器。家庭用。
*「刺激フェーズ」と「さく乳フェーズ」...赤ちゃんがおっぱいを吸うリズムを再現したメデラ独自の2つの段階のテクノロジー。「刺激フェーズ」は速い動きで母乳の分泌を促進し、「さく乳フェーズ」はゆっくりと大きく吸引する。